タイヤの性能|タイヤ交換をこまめに行うことで事故は減らせる
男女

タイヤ交換をこまめに行うことで事故は減らせる

タイヤの性能

走る自動車

タイヤの性能によって、車は大きく変わります。安定した走りをしてくれることもあれば、いつもより早く走れるようになったり、ブレーキの効きが強くなったりと様々です。有名なところでは、スタッドレスタイヤが挙げられます。これはいわゆる積雪地帯用に開発されたタイヤであり、雪がつもりよく滑るような場所でも従来の車のタイヤと同じように運転ができるというものです。なお、名前の由来はスタッドとはスパイクのことであり、本来積雪地帯を走るのにはスパイクタイヤが必要だったのですがスタッドレスタイヤならばスタッドが必要ないタイヤということでこの名称となりました。
なお、一般的な地帯で使われているものには二種類のタイヤがあり、安定した走りをすることができるラジアルタイヤと乗り心地に優れたバイアスタイヤの2種類です。これは、車の運転をしょっちゅう行い、拘っている人ならば注意すべきポイントですが、あまり遠出もせずに、近所の移動に使っている程度ならばそこまで気にする必要はないかもしれません。しかし、タイヤ交換をする際にどんなタイヤにするか聞かれることもあるので知識を学んでいたほうがスムーズに購入が行えるかもしれません。なお、タイヤ交換の際に、ホイールごと交換するのと、ホイールを残してタイヤ交換するのとでは作業時間が異なります。ホイールごと交換する場合ホイールも購入しなければなりません。その分作業時間は短いです。かわって、ホイールを残す場合は安価でタイヤ交換が行なえますが、その分タイヤ交換の時間はほんの僅かに長くなります。